おしゃれなインテリア実例がいろいろ♪素敵なインテリアが見放題!

知らなかったかも!?カラーボックスのおしゃれな収納法6選

Unknown-5

日本の狭い家には大きな家具はなかなか置けない…。
そんな悩みを救ってくれるのが、カラーボックスです。
3段仕立てのシンプルな作りなのでDIYをして自分流にアレンジすることも簡単です。
今回は、そんなカラーボックスのまだ知らなかった?かもしれないおしゃれな収納法を紹介します。
部屋が散らかっていて悩んでいる方、是非参考にしてみてくださいね。

知らなかったかも!?カラーボックスのおしゃれな収納法6選

1.複数組み合わせて大きな棚にする

Unknown
出典:https://www.instagram.com/
入れるものの分量にあわせてカラーボックスをつなげてオリジナルの棚を作ってしまいましょう。
1つ1つの棚の中は、無印や100均などで揃えたBOXを用いて棚全体で統一感を持たせるとごちゃつかずスッキリしてみえます。

2.入れるものの大きさにあわせて段を変えて

Unknown-2
出典:https://www.instagram.com/
入れるものの大きさがまちまちなら、段の幅を自在に変化できるカラーボックスを選びましょう。
大きな食器棚がなくても、白のカラーボックスは清潔感があっておしゃれです。

3.洗面スペースもカラーボックスが大活躍

Unknown-3
出典:https://www.instagram.com/
洗面スペースはタオルや洗剤などとにかく色んなものを置く場所が必要。
でもそんなに大きなスペースが取れない!そんなときはカラーボックスが活躍します。
カラーボックスとサイズのあう収納BOXと組み合わせることによって中身を見せずにスマートに収納することができます。

4.おままごとの一部にアレンジして見せ収納

Unknown-6
出典:https://www.instagram.com/
カラーボックスを、おままごとのキッチンツールと同じピンクに塗装して脚をつければキッチンツールの延長として使えます。
子供のおもちゃ類はいろんな種類がごちゃごちゃしていることが多いので、収納するBOXは部屋で統一を持たせるとすっきりしして見えます。

5.カラーボックスを倒して壁を広くとる

Unknown-1
出典:https://www.instagram.com/
カラーボックスを横にして観葉植物やアクセサリーをディスプレイする棚にすると、収納としてではなくインテリアとしても活躍します。

6.カーテンをつけて目隠しする

Unknown-7
出典:https://www.instagram.com/
ホワイトで味気ないカラーボックスはカッティングシートでウッディにすると男前なインテリア家具に。
収納している中身が見えると生活感が出てしまうので、突っ張り棒とカーテンで目隠しをしてしまいましょう。

まとめ

カラーボックスの収納方法はいかがでしたか?
カラーボックスをただのカラーボックスとして使わず、ひとひねりすることによってぐっとおしゃれなアイテムに変身しますよ。
安くて便利なカラーボックスでおしゃれなお部屋作りをしてみてくださいね。


関連記事

同じカテゴリーの人気記事

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る